チェルシー EL初制覇!昨季に続き欧州カップ戦2季連続V

[ 2013年5月17日 06:00 ]

<チェルシー・ベンフィカ>欧州リーグで初優勝し、トロフィーを掲げるランパードらチェルシーの選手たち

欧州リーグ決勝 チェルシー2-1ベンフィカ

(5月15日)
 欧州リーグ決勝が15日に行われ、チェルシーがベンフィカを2―1で下して初優勝。後半15分にFWフェルナンド・トーレス(29)が先制点、1―1の同ロスタイムにDFブラニスラフ・イバノビッチ(29)が決勝点を挙げた。昨季の欧州CLに続いて2季連続で欧州カップ戦を制覇。一方のベンフィカは欧州カップ戦決勝7連敗で51季ぶりの欧州タイトルを逃した。

 劇的な決勝弾だった。後半ロスタイムの3分。右CKをイバノビッチが折り返すように頭で合わせると、山なりのボールはゴール右隅に吸い込まれた。ベニテス暫定監督は「相手は全体を押し上げてくるので、そこを逆手に取りたかった。CKに弱点があるのも分かっていた」と速攻での1点目、CKでの決勝点と作戦勝ちを喜んだ。

 前年王者として臨んだ今季の欧州CLは史上初めて1次リーグで敗退。その屈辱を乗り越えた。昨年11月に就任した指揮官はファンの批判を浴びながらも、「状態を上げるために努力を重ねた」と愛弟子フェルナンド・トーレスを再生。決勝の先制点を含む大会6得点の活躍につなげた。自身3つ目の欧州主要タイトルを獲得したスペイン人監督は「若い選手も成長したと思う。これで“いい仕事をした”と言ってもらえるかな」。来季はモウリーニョ監督(Rマドリード)の復帰が濃厚のクラブに置き土産を残した。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2013年5月17日のニュース