横浜 今夏に松井獲り!9年ぶり頂点へ攻撃陣の補強を画策

[ 2013年5月17日 06:00 ]

横浜が元日本代表MF松井大輔の獲得に乗り出したことが分かった

 横浜が、ブルガリア1部スラビア・ソフィアの元日本代表MF松井大輔(32)の獲得に乗り出していることが16日、分かった。現在Jリーグで2位と好調の横浜は04年以来9年ぶりのタイトル奪取へ今夏での攻撃陣の補強を画策。日本人屈指のドリブラーに白羽の矢を立てた。実現すれば、松井は04年以来約9年ぶりのJ復帰となる。

 9年ぶりのリーグ優勝に向け、横浜が戦力アップに着手した。関係者によると、現在2位と好調ながら、首脳陣は勝負となる後半戦に向け攻撃陣の補強を計画。その目玉となったのが、海外経験も豊富でJリーグ復帰も視野に入れている松井大輔だ。

 チームは今季、エースの中村にけん引され、開幕6連勝を飾るなどスタートダッシュに成功。04年以来のタイトルに周囲の期待も高まっている。だが、局面を1人で打開できるタイプの選手がロンドン五輪代表FW斎藤のみと少なく、移籍市場が再開する今夏でドリブラー補強が必要と判断した。

 松井は04年8月に京都からル・マンに移籍。その後は、フランスリーグを中心に活躍してきた。横浜入りが実現すれば、松井にとっては約9年ぶりのJ復帰。中村とは日本代表で一緒にプレーしており、横浜でも再びホットラインが形成される。フランス、ロシア、ブルガリアを渡り歩いた男が横浜に新たな風を吹き込む。

 ▽松井 大輔(まつい・だいすけ)1981年(昭56)5月11日、京都府生まれの32歳。鹿児島実から00年に京都入り。04年に当時仏2部のル・マンに移籍。主力として1部昇格に貢献し、「ルマンの太陽」と呼ばれた。12年にはブルガリア1部のスラビア・ソフィアに移籍。03年6月のコロンビア戦でA代表デビュー。代表通算31試合1得点。妻は女優の加藤ローサ。1メートル75、67キロ。利き足は右。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2013年5月17日のニュース