首相らスター引退ねぎらう ネビル氏「一つの時代終わった」

[ 2013年5月17日 01:06 ]

 世界的なスーパースターでサッカーの元イングランド代表主将のデービッド・ベッカム選手が引退を表明した16日、各界からはねぎらいの言葉が相次いだ。ロイター電によると、英国のキャメロン首相は「キャリアを通して卓越したサッカー選手だった」との談話を出した。

 イングランド・プレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドやイングランド代表でベッカム選手と苦楽をともにしたネビル氏は「一緒にプレーして楽しい選手だった。彼はもっとも影響力のある選手だったと思う」と回想し「一つの時代が終わった感じがする」と感慨深げに話した。

 元イングランド代表監督のマクラーレン氏は「彼はいつも自身のパフォーマンスによって、チームメートを鼓舞していた」と思い出話を披露した。(共同)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2013年5月17日のニュース