カズ、長男のブラジル留学に“人生学んでこい”

[ 2013年4月1日 06:00 ]

長男・良太くんの留学について語る三浦

 J2横浜FCの三浦知良(46)が31日、長男・良太くん(15)が単身ブラジルに“サッカー留学”していることを明かした。既に元大分監督のシャムスカ氏が率いる名門ポルトゲーザのトップチームの練習に2日間参加しており、今後はカズも在籍したキンゼデジャウーを訪問する予定という。

 カズは最初「コーヒー栽培の勉強だよ」と笑わせたが、「プロの練習に参加させてもらえるのは異例だよ。いろいろと学んでほしいね。食事の注文一つでも言葉が通じない悔しさや日系人の姿を見るのも勉強。人生留学だね」と意図を説明した。

 良太くんのブラジル滞在は10日間の予定でプロ選手を目指し片道切符で旅立った31年前のカズとは状況が違う。それでも当時の自分と同じ15歳で同じ道を歩もうとする長男の姿にうれしそうな表情を見せた。

 「見送った時、31年前の自分と同じ成田の第1ターミナルからでね。感慨深かった。最初に送られて来た写真が日系人の方とラーメンを食べてて、りさ子(夫人)は本当にブラジルなのか心配してたけど」。この日のJ2山形戦は出場機会がなくチームも1―5で完敗。それでもカズは長男に刺激を受け前を向いた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2013年4月1日のニュース