清武 FKで同点アシスト「いいところにいった」

[ 2013年4月1日 09:34 ]

後半、競り合うボルフスブルクの長谷部(左)とニュルンベルクの清武

ブンデスリーガ ニュルンベルク2―2ボルフスブルク

(3月31日)
 ニュルンベルクは0―2の後半に追いついた。清武は攻撃の中心として貢献し「後半はこっちのサッカーだった。相手も明らかに落ちたし、うまく攻められた」と納得の表情だった。

 後半16分の1点目は左サイドを突破しての折り返しから生まれた。21分にはFKで同点ゴールをアシスト。プレースキックの感触が良くなかったというが「あの一本は集中して蹴った。いいところにいった」と役割を果たして喜んだ。(共同)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2013年4月1日のニュース