香川は出場せず…マンU、FA杯準々決勝で敗退

[ 2013年4月1日 22:26 ]

<チェルシー・マンチェスターU>後半、先制ゴールをあげるデンバ・バ(右はリオ・ファーディナンド)

FA杯準々決勝・再試合 マンチェスターU0―1チェルシー

(4月1日)
 イングランド・FA杯準々決勝の再試合が行われ、日本代表MF香川真司の所属するマンチェスター・ユナイテッドはFA杯連覇を狙うチェルシーと対戦し、0―1で敗れた。前節、リーグ戦に出場した香川は出場しなかった。

 試合は前半22分にチェルシーのDFアシュリー・コールが負傷交代するアクシデントがあったものの、チェルシーがボールを支配、ブロックを作るマンチェスターUはカウンターから得点を狙う展開で進んだ。

 試合が動いたのは後半4分、DFラインの裏へ抜け出したチェルシーのFWデンバ・バが浮き球のパスをダイレクトで合わせ、ホームのチェルシーがチェルシーが先制。同点に追いつきたいマンチェスターUはファンペルシー、ギグス、A・ヤングと攻撃的なカードを切るが、前掛かりになりバランスを崩したところをチェルシーの鋭いカウンターを浴び、ピンチを招くことになった。

 結局、1得点を守り切ったチェルシーの勝利に終わり、マンチェスターUは03―04シーズン以来のFA杯制覇の道を絶たれた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2013年4月1日のニュース