仙台、ソウルで調整 手倉森監督「日本の力を示すという意志を持って」

[ 2013年4月1日 18:06 ]

ACL1次リーグ第3戦を前に、練習で指示を出す仙台の手倉森監督

 サッカーのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)は2日、各地で1次リーグ第3戦が行われ、E組の仙台はアウェーでFCソウル(韓国)と対戦する。1日は試合会場で公式記者会見と練習を行い、手倉森監督は「日本の力を示すんだ、という強い意志を持って試合に挑む」と意気込みを語った。

 同組はFCソウルが勝ち点4で首位に立ち、2試合連続引き分けの仙台は2位につける。GK林は「ここで首位のチームに勝てれば、1次リーグ突破の可能性は大きくなる。(FCソウルを)独走させるわけにはいかない」と、首位浮上へ意欲を見せた。

 G組の広島はホームに浦項(韓国)を迎える。(共同)

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2013年4月1日のニュース