乾 バイエルン最速V阻止へ燃える「屈辱的。絶対に避けたい」

[ 2013年4月1日 11:36 ]

グロイター・フュルト戦の前半、同点ゴールを決めガッツポーズで喜ぶアイントラハト・フランクフルトの乾

ブンデスリーガ フランクフルト3―2グロイター・フュルト

(3月31日)
 フランクフルトは3月31日、アウェーでグロイター・フュルトと対戦し、3―2で勝利。日本代表MF乾貴士は攻撃的MFでフル出場し、0―1の前半13分に今季6点目となる同点ゴールを決めた。

 乾は中央やや左でパスを受けるとドリブルで仕掛け、右足でシュート。昨年12月15日以来、3カ月半ぶりの得点を決め、「1対1の状況をつくってくれるいいパスが来た。股を狙ってうまくいった」と振り返った。

 次節は首位バイエルン・ミュンヘンと対戦する。バイエルンは現在勝ち点72で、2位ドルトムントとの差は20。リーグ史上最速優勝の可能性がかかる一戦へ「優勝を決められるのは屈辱的。それだけは絶対に避けたい」と意気込んだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2013年4月1日のニュース