シャルケ内田、好クロス連発 ヨルダン戦引きずらず

[ 2013年4月1日 06:00 ]

<シャルケ・ホッフェンハイム>ヘディングで競り合う内田篤人(左)

ブンデスリーガ第27節 シャルケ3―0ホッフェンハイム

(3月30日)
 シャルケの日本代表DF内田篤人は右サイドで先発し、好クロスで好機を演出した。

 前半9分、11分に鋭いセンタリング。ゴールにはつながらなかったが右サイドで優位な形をつくり、勝利に貢献。「勝つに越したことはない。お金(勝利給)も入るしね」とちゃめっ気たっぷりに喜んだ。26日のヨルダン戦については「勝てば(W杯に)行けるみたいな雰囲気が出てたけど、(簡単には)行けないから。ただ負けただけかな」と必要以上には引きずっていない様子だった。ホッフェンハイムの宇佐美貴史はベンチ入りしたが出番はなかった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2013年4月1日のニュース