カメルーン代表FWエトオらが福島、群馬で慈善試合

[ 2012年8月22日 06:00 ]

カメルーン代表FWサムエル・エトオ

 カメルーン代表FWサムエル・エトオ(31)が発起人となった慈善イベント「ONE WORLD ONE JAPAN」の開催要項が21日に発表された。

 東日本大震災の被災者支援などを目的に9月17日に福島・福島市の信夫ケ丘競技場、同19日に群馬・前橋市のグリーンドーム前橋で同選手や元ブラジル代表MFドゥンガ氏、元西ドイツ代表DFブッフバルト氏らが慈善試合を行う。10歳以上のサッカー経験者は前売り券を購入すれば、試合参加希望者の募集に応募が可能。募集は31日まで。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2012年8月22日のニュース