ブラジルは連続ドロー 粘り発揮も自慢の攻撃力影潜め…

[ 2012年8月22日 19:41 ]

U―20女子W杯1次リーグホワイト ブラジル1―1ナイジェリア

(8月22日 浦和駒場)
 ブラジルは初戦に続いて終了間際に同点ゴールを決め、強敵ナイジェリアと引き分けた。0―1の後半42分にFKから追い付き、コウト監督は「後半は試合を支配できた」と評価した。

 2試合連続で終盤に粘り強さは見せたものの、南米予選の7試合で28得点をマークした攻撃力は影を潜めている。同監督は「自分たちの頑張り次第で準々決勝へ進める」と韓国との第3戦へ意気込んだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2012年8月22日のニュース