肩落とす仲田「自分のミスで苦しい展開になってしまった」

[ 2012年8月22日 22:45 ]

U―20女子W杯1次リーグA組 日本2―2ニュージーランド

(8月22日 宮城スタジアム)
 日本はゴール前のこぼれ球をクリアしようとした仲田の右足ミスキックがオウンゴールとなり、先制された。仲田は目を真っ赤にして「自分のミスで苦しい展開になってしまった」と反省した。

 高校時代を過ごした宮城で初戦のメキシコ戦から2試合連続で先発したが、いずれも途中交代。この日は前半29分で退き「いいプレーをしたら代えられることはなかった」と肩を落とした。

 ▼藤田のぞみの話 苦しい状況だったけど、諦めずに2点取れた。でも勝ちたかったのが正直なところ。サイドを使おうと話していたけど、縦に急いでしまった。修正して切り替えたい。

 ▼土光真代の話 悔しい。失点してリズムをつくれなくなり、下を向いてミスパスが多くなった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2012年8月22日のニュース