相馬監督 鳥栖にJ1公式戦初勝利を献上し「非常に残念」

[ 2012年3月20日 20:41 ]

ナビスコ杯予選リーググループA 川崎F1-2鳥栖

(3月20日 ベアスタ)
 鳥栖にJ1公式戦初勝利を献上した川崎Fの相馬監督は「徐々に相手のやりたい形に持ち込まれ、先に失点する苦しい展開だった。非常に残念」と肩を落とした。

 リーグ戦2連勝の好調さは影を潜めた。特に後半は、ロングボールを多用する鳥栖のペースにのまれ、1点をかえすのがやっと。今季の公式戦で初先発となったMF稲本は「小さいミスの積み重ねが2失点につながった」と敗因を淡々と分析した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2012年3月20日のニュース