12年初白星を!セホーン監督「メンタルの戦い」を強調

[ 2012年3月20日 06:00 ]

ACL1次リーグE組 G大阪―アデレード

(3月20日 ハインドマーシュ)
 20日に敵地でのACLアデレード戦(オーストラリア)に臨むG大阪セホーン監督は「メンタルの戦い」を強調した。公式戦3連敗で開幕から勝ち星がないが、対するアデレードもAリーグで10チーム中9位と苦戦。互いに似たチーム状態だからこそ気持ちの強さをイレブンに求めた。

 進退問題が取り沙汰されるが、G大阪は豪州勢と対戦して過去5勝1分けと負けなし。アジア王者となった08年はアデレードと4試合戦い全勝している。「これまで同様、良い結果が出せるようにしたい。明日は結果が大切になる」と指揮官。吉兆データを味方に付け、何とか12年初白星を持ち帰りたい。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2012年3月20日のニュース