ボルトンFA杯辞退も…ムアンバ 依然危険な状態

[ 2012年3月20日 06:00 ]

<FA杯 チェルシー5―2レスター>先制弾を決めた後、「ムアンバのために祈る」と記したTシャツを見せるチェルシーのDFカーヒル

 FW宮市亮所属のボルトンがFA杯を辞退する可能性が出てきたと19日付のデーリー・ミラー紙が伝えた。MFファブリス・ムアンバ(23)が17日の準々決勝トットナム戦で倒れて重体となったことを受け、27日に同じ会場で行われる見通しの再試合は選手にとって心理的な負担が大きいと指摘した。

 ムアンバの状態は依然として深刻。1月までボルトンに在籍したチェルシーのDFカーヒルが18日のFA杯レスター戦で得点した際「ムアンバに祈りを」を記したアンダーシャツを披露するなど激励の動きが続いた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2012年3月20日のニュース