存在感示した酒井!サントス指揮官も高評価

[ 2011年12月14日 23:12 ]

<柏―サントス>後半、ヘディングでゴールを決める柏・酒井(右上)
Photo By スポニチ

クラブW杯準決勝 柏1-3サントス

(12月14日 豊田)
 柏の右サイドバック、酒井が積極的な攻撃参加で存在感を示した。特に後半は前線のスペースを何度も突いて好機をつくった。後半9分には左CKにぴたりと頭で合わせてゴールも挙げ「0―2から逆転したこともある。これからだと思った」とチームに勢いをつけた。

 守備で相対したサントスのネイマールについては「足元がうまい。一人では難しい」と話し「いい経験になった。次につなげたい」と収穫を得た様子。獲得に興味を持つと伝えられるサントスのラマーリョ監督も、高く評価していた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2011年12月14日のニュース