サントス セットプレーを警戒「なめたら痛い目に…」

[ 2011年12月14日 06:00 ]

記者の質問に答えるサントスのラマーリョ監督

クラブW杯準決勝 サントス―柏

(12月14日 豊田スタジアム)
 サントスは一部非公開でクラブW杯準決勝に向けて最終調整した。会見したムリシー・ラマーリョ監督は「J2から昇格して1年でJ1優勝に導いた監督。どれだけ優れているかが分かる」と柏のネルシーニョ監督を称賛。「なめてかかると痛い目に遭う」と話した。

 今大会2試合も分析済みでDFエドゥー・ドラセーナは「レアンドロ(ドミンゲス)とジョルジ・ワグネルは凄くいいボールを蹴る」とセットプレーを警戒した。かつて磐田に所属したMFエンリケは「日本のサッカーは成長し、スピーディーでダイナミックになっている」と話した。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2011年12月14日のニュース