バルサ 福島の子供を招待!名前入りユニをプレゼント

[ 2011年12月14日 06:00 ]

被災地の子供たちらと写真に納まるバルセロナのメッシ(中)ら

 横浜市内で行われたバルセロナの練習に東日本大震災で被災した福島県の子供たちが招待された。都内の施設で避難生活を送る小学4年~高校3年の11人に対し、イレブンはそれぞれの名前が入ったユニホームをプレゼント。

 17歳の女子高生はメッシと握手を交わし「凄くうれしかったです」と感激した様子。DFピケは「会えて良かった。喜んでくれてうれしい」と話していた。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2011年12月14日のニュース