マンC 開幕15戦目でついに初黒星…クリシー痛恨の退場

[ 2011年12月14日 06:00 ]

後半投入されたMFランパードがPKを決め、チェルシーが勝ち越す

プレミアリーグ マンチェスター・シティー1-2チェルシー

(12月12日)
 マンチェスター・シティーが開幕15戦目でチェルシーに初黒星を喫した。開始2分でFWバロテッリが先制点も、1―1でハーフタイムを迎え、後半13分にMFクリシーが退場処分。38分にPKを決められた。

 連続不敗が14試合で止まったマンチーニ監督は「また14試合で不敗を目指したい。われわれを倒して喜んでいるチェルシーの選手を見て、首位にいるのだと再認識した」と余裕をうかがわせたが、2位マンチェスター・ユナイテッドとの勝ち点差は2に縮まった。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2011年12月14日のニュース