信頼ないから…家長 9月以来先発も交代「適していなければ招集しない」

[ 2011年12月14日 11:12 ]

スペイン国王杯4回戦第1戦 マジョルカ0―1ヒホン

(12月13日)
 控え選手主体だったマジョルカで、9月以来の公式戦先発だった家長は不発に終わった。

 特に守備ではカパロス監督から厳しい指摘を受けた。位置取りについての問題点を突きつけられたという家長は「途中で代えられたのは信頼がないから」とガックリ。

 指揮官は「もっと練習しないと。戦術に適していなければ招集しない」。苦しい立場に立たされた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2011年12月14日のニュース