浦和 ペトロヴィッチ氏と基本合意、堀氏はコーチ

[ 2011年12月14日 20:23 ]

 J1で15位と低迷した浦和は14日、前広島監督のミハイロ・ペトロヴィッチ氏(54)が監督に就任することで基本合意したと発表した。クラブによると年内にも正式契約を結ぶ予定で、延長オプション付きの1年契約となる見通し。今季途中から指揮した堀孝史監督(44)はコーチに就任する。

 ペトロヴィッチ氏は広報を通じ「私とスタッフ、選手、クラブ、そして12番目の選手(サポーター)とともに、力を合わせれば素晴らしい結果をつくり上げることができると確信している」とコメントした。

 同氏はセルビア出身。元日本代表監督のイビチャ・オシム氏(70)がシュトゥルム・グラーツ(オーストリア)を率いた際にコーチとして支えた経験があり、攻撃的なサッカーで知られる。2006年6月から約5年半率いた広島で、09年にJ1で4位に入った。

 浦和は当初、前日本代表監督の岡田武史氏(55)や前G大阪監督の西野朗氏(56)を監督候補として交渉したが、ともに断られた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「南野拓実」特集記事

2011年12月14日のニュース