3位に後退 ミラン痛い引き分け 森本復帰のノバーラは金星逃す

[ 2011年12月12日 12:01 ]

<ボローニャ 2-2 ミラン>厳しいマークに苦戦したミランのFWイブラヒモビッチ
Photo By スポニチ

 イタリア・セリエA第15節の5試合が11日に行われ、ミランはアウェーでボローニャと対戦し、2-2の引き分けに終わった。

 ミランは先制されるも前半のうちに追いつくと、後半26分にはFWイブラヒモビッチのPK弾で逆転に成功する。しかし、わずか1分後にFWディアマンティのミドルシュートで追いつかれると、果敢に仕掛けるボローニャに、勝ち越し点を奪うことができずに試合は終了した。勝利すれば首位浮上となったミランは、痛い引き分けで前節2位から3位に後退した。

 FW森本貴幸が所属するノバーラはホームでナポリと対戦し、1-1で引き分けた。欧州チャンピオンズリーグ“死のグループ”を突破し決勝トーナメント進出を決めたナポリ相手に、5バックの守備的な布陣で挑んだノバーラは豊富な運動量で得点を許さない。すると後半25分、FKからMFラドバノビッチが強烈なロングシュートを叩き込んで、ノバーラが先制に成功する。

 ノバーラは粘り強い守備でもちこたえるが、同39分にMFハムシクに左サイドを突破されると、クロスに最後はMFジェマイリに決められて同点に追いつかれる。追いつかれた直後に森本を投入するが、得点は生まれずに1-1のまま終了した。ノバーラは強豪相手に勝ち点を得るが、金星を逃す悔しい引き分けとなった。

 ウディネーゼはホームでキエーボに2-1で勝利し、暫定ながら首位に浮上した。前節首位のユベントスは12日に、アウェーでローマと対戦する。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2011年12月12日のニュース