レアル 痛恨のシュートミス…精彩欠いたC・ロナウド

[ 2011年12月12日 06:00 ]

シュートを外し、悔しがるC・ロナウド

リーガ・エスパニョーラ レアル・マドリード1-3バルセロナ

(12月10日)
 レアル・マドリードがバルセロナにホームで痛い逆転負けを喫した。開始直後に相手のミスからFWベンゼマが得点も、前半25分と後半20分にエースのC・ロナウドが決定機を逃すなど精彩を欠き、逆転を許した。

 モウリーニョ監督は選手に当たってコースが変わった相手の決勝点に触れ「多くの運が行方を左右した試合」と淡々。バルセロナに勝ち点で並ばれて得失点差でかわされたとはいえ、17日にセビリアと引き分ければ首位を守れるだけに「選手は悲しんでいる一方で落ち着いている」と話した。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2011年12月12日のニュース