町田と松本山雅がJ2入り Jリーグが正式承認

[ 2011年12月12日 18:33 ]

 Jリーグは12日、東京都内で臨時理事会を開き、ともにJリーグ準加盟で、今季の日本フットボールリーグ(JFL)で成績面の条件となる4位以内を満たした3位の町田ゼルビアと4位の松本山雅の入会を正式承認した。両チームは来季からJ2に参入する。松本山雅にはことし8月に34歳で急逝した元日本代表の松田直樹さんが所属していた。

 来季J2は22チームとなり、J1の18チームと合わせてJリーグは2008年に設定した合計40チームの目標を達成した。来季からはJ2とJFLの入れ替え制度を導入する方針で、来年1月の日本サッカー協会理事会で実施方式などが決まる見通しとなっている。

 また、理事会では今季J2上位3チームのFC東京、鳥栖、札幌のJ1昇格を正式に認めた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2011年12月12日のニュース