Aマドリード惨敗 日本代表監督候補にもなった指揮官解任か!?

[ 2011年12月12日 14:47 ]

 スペイン・リーガエスパニョーラ第16節の7試合が11日に行われ、エスパニョールはホームでアトレチコ・マドリードと対戦し、MFベルドゥの2得点などで4-2と快勝した。

 低迷するAマドリードは試合開始から19分で3失点を喫するなど、低調な内容でリーグでのアウェー戦がいまだ未勝利の4連敗(1分け6敗)を喫した。

 8日のスペイン国王杯4回戦第1戦、3部アルバセテに1-2で敗れる失態に続く惨敗で、地元メディアにはマンサーノ監督の解任報道も出始めている。マンサーノ監督は昨夏、日本代表・岡田武史前監督の後任候補として名前があがっていた。

 MF家長昭博が所属するマジョルカはアウェーでサラゴサに1-0で勝利した。家長はベンチ外だった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2011年12月12日のニュース