「東北3県復興支援選抜」聖地ウェンブリーで試合

[ 2011年11月25日 06:00 ]

ウェンブリー競技場で写真に納まる「東北3県復興支援選抜」のメンバーら

 東日本大震災で被災した岩手、宮城、福島の3県から選ばれた「東北3県復興支援選抜」の高校生16人が24日、サッカーの聖地と言われるロンドンのウェンブリー競技場で試合を行った。

 イングランド・サッカー協会から震災復興の支援活動として、同競技場のピッチを半日無償で貸し出すとの申し出があり実現した。試合に先立って選抜チーム主将を務める福島・小高工高の斎藤一樹選手が「憧れのウェンブリーのピッチに立てることを心からうれしく思う」とあいさつ。同国の伝説的な名選手、ボビー・チャールトン氏らも駆けつけ、ジェレミー・ハント文化・五輪・メディア・スポーツ相は日本語で「きょうは頑張って楽しんでほしい」とスピーチした。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2011年11月25日のニュース