湘南、反町監督退任を発表 後任はチョウコーチ有力

[ 2011年11月25日 06:00 ]

 J2湘南は24日、反町康治監督(47)の今季限りでの退任を発表した。新潟、北京五輪代表の監督を経て09年に就任。1年でJ1に昇格させたものの、再びJ2で戦うことになった今季は再昇格を果たせず自ら退くことを表明していた。

 残りのリーグ戦2試合と天皇杯で指揮を執る同監督は「集大成を見せられるように全力で臨みたい」とコメント。後任にはチョウ・キジェコーチ(42)の昇格が有力視される。またMFアジエル(31)が契約満了で退団することも発表された。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2011年11月25日のニュース