権田、時差ボケ解消法を伝授「寝ない方がいい」

[ 2011年11月25日 06:00 ]

ロンドン五輪アジア最終予選 日本―シリア

(11月27日 国立)
 守護神、GK権田が豊富な渡航経験を生かして時差調整の極意をチームメートに伝授した。

 時差ボケで午前中に睡魔に襲われるメンバーが続出。DF比嘉には「寝ない方がいい」と助言したそうで「いろいろな世代で海外に何度も行かせてもらって、時差調整をどうすればいいか分かっているので。ホームでできるのに、体が重いとか言わないようにしないと」。シリアに対する警戒心も強く「グループで一番強い。キックのうまい選手もいる」と気を引き締めていた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2011年11月25日のニュース