大迫、足に張りも軽症を強調「全然大丈夫です」

[ 2011年11月25日 06:00 ]

関塚監督(左)と話す大迫

ロンドン五輪アジア最終予選 日本―シリア

(11月27日 国立)
 FW大迫は足の張りを訴え、別メニューで調整した。

 22日のバーレーン戦でフル出場。「全然大丈夫です。本当に大事をとって、という感じです」と軽症を強調した。シリア戦はナビスコ杯決勝でMVPを獲得した国立が舞台。「悪いイメージはないので頑張りたい。ゴールに向かうプレーをもっと増やして、点を取りたい」。験がいい聖地でのゴールを誓った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2011年11月25日のニュース