G大阪・西野監督が退任報告「割り切ってやって」

[ 2011年11月25日 06:00 ]

J1第33節 G大阪―仙台

(11月26日 万博)
 今季限りでの退任が決定したG大阪の西野朗監督(56)が24日、選手に初めて退任報告をした。

 練習前のミーティングで「申し訳ない。いつも試合に対しての準備を厳しくやるようにと言っている中で、動揺させたり、影響させたりした」と謝罪。その上で「わずかながら優勝の可能性はある(首位・柏と勝ち点差4)。割り切ってやってくれ」と気持ちの切り替えを求めた。

 26日の仙台戦は10年間、慣れ親しんだ万博競技場でのラスト采配となる。遠藤は「残り試合に集中してやりたい。優勝の可能性が消えたわけではない。監督のためだけではなく今季限りで退団する選手もいるし、皆のために戦いたい」と話し、最高の形で西野監督を送り出す意気込みだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2011年11月25日のニュース