アーセナル・宮市“リラックス目的”一時帰国へ

[ 2011年11月25日 06:00 ]

 アーセナルのFW宮市亮が一時帰国することが決まった。

 7日のリザーブリーグ・フルハム戦で左足首を捻挫し、全治4~6週間との診断を受け、23日の欧州CL・ドルトムント戦を欠場。アーセナル広報は今回の一時帰国に関して、「ケガの治療ではなく、家族に会うなどしてリラックスすることが目的」と説明している。滞在期間は12日前後が予定されている。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2011年11月25日のニュース