磐田 金園2発で逃げ切った…甲府は残留へ痛い1敗

[ 2011年11月19日 16:41 ]

<磐田・甲府>前半、2点目のゴールを決め喜ぶ磐田・金園(左)
Photo By スポニチ

J1第32節 磐田2―1甲府

(11月19日 ヤマハ)
 磐田は前半2、10分とサイドからのパスをゴール前で新人の金園が合わせ、早々と2点をリード。しかし甲府も16分に井沢のゴールで1点を返した。後半は強風の中で風下の甲府が必死の攻撃を見せたが、磐田も譲らず、そのまま逃げ切った。

 降格圏の甲府は勝ち点30のままで、15位・浦和との差は3差となった。

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2011年11月19日のニュース