2戦連続0点 浦和・堀監督「最後の部分で何か出さないと…」

[ 2011年11月19日 16:30 ]

<浦和・仙台>前半、シュートを放つ浦和・原口(左)
Photo By スポニチ

J1第32節 浦和0―0仙台

(11月19日 埼玉)
 前節15位の浦和はホームで仙台とスコアレスドロー。勝ち点を33とし、残留争いのライバル、16位甲府に3差をつけた。

 前半から素早いパス回しでペースを握り、サイド攻撃からチャンスをつくったが仙台の堅守の前にゴールを奪えず。前半にはFWエスクデロのシュートがクロスバーを叩く場面もあった。リーグ戦2試合連続0点に終わった攻撃陣に対し、堀監督は「最後の部分でもう少し何か出さないと、得点は難しい」とポツリ。それでも残り2試合に向けて「失敗を恐れずに思い切りいきたい」と話していた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2011年11月19日のニュース