川崎Fようやく残留決定 憲剛「この順位にいるチームではない」

[ 2011年11月19日 16:55 ]

J1第32節 川崎F3―2広島

(11月19日 広島ビ)
 川崎Fは2―2の後半ロスタイムに、途中出場のFW矢島が決勝ゴールを決めて逆転勝ち。ようやくJ1残留を決めた。8連敗を喫するなど、苦しんでたどり着いた結果に、相馬監督は「ほっとしているところはある」と胸をなで下ろした。

 逆転勝ちして地力を見せたが、選手は満足していない。中村は「残留が決まって喜ぶというのは、違う。本来ならこの順位にいるチームではない」と冷静だった。

 ▼川崎・矢島 いいボールがきたので、入ってよかった。逆転勝ちできたのは大きい。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2011年11月19日のニュース