最下位の福岡、篠田監督を解任…浅野ヘッド昇格

[ 2011年8月4日 06:00 ]

 2勝2分け15敗の勝ち点8で最下位に低迷する福岡が3日、成績不振を理由に篠田善之監督(40)の解任を発表した。後任には浅野哲也ヘッドコーチ(44)が昇格する。

 福岡市内のクラブハウスで記者会見した大塚唯史社長は「タイミングとして今。チャレンジする」と監督交代で反撃に転じたいと語った。浅野新監督は現役時代にJ1名古屋などで活躍し、日本代表でも8試合出場。福岡では昨季からヘッドコーチを務めており「(就任を)打診されたのは昨日(2日)。私しかいないだろうなと思っていた」と話した。「残り15試合。すごく厳しい状況だが勝ち点を目指していく。いい戦いで終わらせたくない」とJ1残留への意気込みを語った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2011年8月4日のニュース