日本代表に初招集組の清武ら23人 長友は外れる

[ 2011年8月4日 14:08 ]

韓国戦に臨むサッカー日本代表メンバーを発表するザッケローニ監督。左は原博実強化担当技術委員長

 日本サッカー協会は4日、国際親善試合のキリン・チャレンジカップ(10日・札幌ドーム)で韓国代表と対戦する日本代表を発表し、本田(CSKAモスクワ)ら海外組14人を含む23選手が選ばれた。U―22(22歳以下)代表世代の清武(C大阪)が初選出され、右肩脱臼の長友(インテル・ミラノ)は外れた。

 2014年ワールドカップ(W杯)ブラジル大会アジア3次予選で北朝鮮代表との初戦を9月2日(埼玉スタジアム)に控える日本にとって、予選前最後の強化試合となる。ザッケローニ監督は「親善試合だが、韓国相手だとそういう雰囲気にはならない。大切な試合になる」と話した。

 韓国とは日本が優勝した1月のアジア・カップ準決勝以来の対戦で、通算成績は日本の11勝22分け(PK戦3勝1敗を含む)38敗。

 ▼清武の話 キャンプ(日本代表候補合宿)でアピールできるよう、一生懸命やってきた。選んでいただいて本当にうれしい。試合でも自分のいいところを出せるように、しっかり頑張る。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2011年8月4日のニュース