佐々木監督にはインセンティブ 協会職員にもドーンとボーナス

[ 2011年8月4日 07:26 ]

世界一に輝いたなでしこジャパンに、ビックボーナスが

 日本サッカー協会は3日、浜松市内で理事会を開き、先月の女子W杯ドイツ大会で初優勝したなでしこジャパン21選手全員に特別ボーナス500万円を支給することを決定した。

 特別ボーナスは金額こそ変わるが、スタッフにも支給され、佐々木監督には契約上のインセンティブに400万円が加算される。

 また、100人を超す協会職員全員にも10万円の報奨金が出ることも決まった。田嶋副会長は「理事会で女子のボーナスが安すぎるという意見があった。今後考えていく」と報奨金の規定を来年にも見直す意向だ。ロンドン五輪で連続世界一を達成すれば、なでしこジャパンは、さらにビッグなボーナスを手にすることになる。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2011年8月4日のニュース