本田1カ月ぶり復帰…即決勝ゴール“演出”

[ 2011年3月2日 06:00 ]

ロシア杯5回戦 CSKAモスクワ1―0シニク・ヤロスラブリ

(2月28日)
 CSKAモスクワのMF本田圭佑(24)が復活ののろしを上げた。太腿の負傷で離脱していた本田は2月28日のロシア杯の2部シニク・ヤロスラブリ戦で、1月29日のアジア杯決勝以来約1カ月ぶりに公式戦に復帰。

 フル出場で決勝弾を演出してチームを1―0の勝利に導いた。前半23分、自ら蹴った直接FKが5枚の壁を越え鋭く落下。GKがはじいたボールを味方DFが叩き込んだ。

 右ボランチでプレーした本田は絶妙なスルーパスを送るなど完全復活をアピール。チームは6日に昨季リーグ覇者ゼニトとのロシア・スーパー杯、10日にはポルトとの欧州リーグ2回戦第1戦、13日にはアムカル・ペルミとのリーグ開幕戦を控えている。今夏にビッグクラブへの移籍を目指す本田が勝負のシーズンの幕開けにきっちりと照準を合わせてきた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2011年3月2日のニュース