3分後 シュート放った家長 決勝点の起点に

[ 2011年3月2日 09:03 ]

エスパニョール戦の後半、味方の逆転ゴールに喜ぶマジョルカの家長(右)
Photo By スポニチ

 サッカーのスペイン1部リーグでMF家長昭博が所属するマジョルカは1日、敵地でエスパニョールに2―1で逆転勝ちし、途中出場の家長が勝利に貢献した。

 家長は1―1の後半35分にトップ下の位置で途中出場。同38分に家長が放ったシュートのこぼれ球をFWヌスエが押し込み、決勝点を奪った。(共同)

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2011年3月2日のニュース