再編確実のU―22日本代表 宮市6月招集の理由

[ 2011年3月2日 07:11 ]

フェイエノールト・宮市亮

 フェイエノールトのFW宮市亮(18)が“ぶっつけ本番”でロンドン五輪アジア2次予選に臨むことが濃厚になった。

 5大会連続の五輪出場を目指すU―22日本代表だが、2月の中東遠征ではクウェートのA代表に惨敗。ウズベキスタン戦から招集メンバーを再編することが確実となっている。18歳ながら欧州で活躍する宮市は新たなメンバーの目玉と期待されていたが、原博実技術委員長も「(3月29日は)国際Aマッチデーだから招集に問題はないが、(ウズベキスタン戦)1試合だけだから」と今月の招集に否定的な見解を示している。

 6月は欧州のシーズンも終了しており、宮市はU―22日本代表に集中できる。また、それまでの3カ月間で大幅な成長も期待できる。ロンドンへの第一歩となる五輪2次予選で、若きドリブラーが関塚ジャパンの武器になる。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2011年3月2日のニュース