香川効果?!ドルトムント株、一時高騰

[ 2011年3月2日 06:00 ]

 ブンデスリーガで首位を独走するドルトムントの株が急上昇した。26日に敵地で昨季王者バイエルン・ミュンヘンに3―1と快勝したのを受けて、28日の株式市場で株価が一気に一時11%も高騰。

 最終的に8%の上昇にとどまったが、株価3・02ユーロ(約343円)は過去1年で157%も上昇しており、リーグ前半戦で8得点を挙げた日本代表MF香川真司も値上がりに貢献したと言えそうだ。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2011年3月2日のニュース