狙われる?ゴン「表現のしようがない痛み」

[ 2011年3月2日 11:23 ]

 右肋骨骨折が判明した札幌のFW中山が練習に参加。時折、激しい当たりに「うぅ」と倒れ込むシーンもあったが、フルメニューを消化した。

 骨折箇所は第十肋骨で、約3週間は痛みがあるものの、プレーはできる状態という。「表現のしようがない痛み。人には言わないでね。狙われるから」とゴン節も飛び出した。

 石崎監督は「わしが現役のころは2、3本折れてもやっていた」と話して、開幕メンバー選考からは外さない意向を示した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2011年3月2日のニュース