上機嫌な家長「徐々にボールが集まってくるようになった いい感じ」

[ 2011年3月2日 10:01 ]

エスパニョール戦の後半に途中出場、競り合うマジョルカの家長(右)とダトロ

スペイン1部リーグ マジョルカ2―1エスパニョール

(3月1日)
 出場時間は短かったが、家長が存在感を見せた。後半35分にピッチに立つと、わずか3分後に決勝点の起点となったシュートを放って「徐々にボールが集まってくるようになった。いい感じ」と笑顔を見せた。

 同40分に右サイドで相手のDF2人を抜き、ペナルティーエリア内にパスを出すなど、見せ場をつくった。欧州移籍後、試合を重ねてきて「1試合1試合前に進んでいると思う。自分を信じてスペインでやっていければいい」と手応えを感じている様子だった。(共同)

続きを表示

この記事のフォト

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2011年3月2日のニュース