ハッピーターンにちなみハッピーシート 子ども500人を招待

[ 2011年2月4日 13:50 ]

 亀田製菓(本社・新潟市南区)がJ1新潟と協同して、今季リーグ戦のホーム17試合に子供たちを招待することになった。3日のユニホームスポンサー契約更新(3年)会見で発表された。同社のヒット商品「ハッピーターン」にちなみ、名称は「ハッピーシート」。県内福祉施設、幼稚園、保育園、サッカーチームなどを対象に1試合20~30人、年間最大で500人を招待する。

 昨季はFW大島秀夫(30)が個人的に4席分の招待を行っていたが、地元スポンサーによるものは新しい試み。「とりあえず1年だが、成果を見ながら継続していきたい」と亀田製菓の田中通泰社長は話した。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2011年2月4日のニュース