アジア杯決勝点の李が広島キャンプに合流

[ 2011年2月4日 19:28 ]

 サッカーのアジア・カップ決勝のオーストラリア戦で決勝ゴールを決めた日本代表FWの李忠成が4日、沖縄県本部町で行っている所属先のJリーグ1部(J1)広島のキャンプに合流した。

 練習前にペトロビッチ監督から「素晴らしいゴールだった」と声を掛けられた李は、ランニング中心の別メニューで約2時間、汗を流した。この日も報道陣はテレビカメラ8台、約40人が集まるなど一躍「時の人」となったが「一夜でヒーローになったけど、サッカーがうまくなったわけじゃない」と控えめに話した。

 1月31日に帰国し、オフは3日間だけだったが「早くサッカーをしたかった。あの経験をチームに伝えることができれば」と意欲的だった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「メッシ」特集記事

2011年2月4日のニュース