×

【オークス】ウォーターナビレラ 首差遅れにも武幸師「今日は息を整える程度」

[ 2022年5月19日 05:30 ]

Wコースを併せ馬で追い切ったウォーターナビレラ(左)
Photo By 提供写真

 桜花賞は鼻差2着で涙をのんだウォーターナビレラが牙を研いでいる。CWコースでの併走追いは吉田隼(レースは武豊)を背にワールドウインズ(5歳オープン)を追走して首差遅れ。全体時計が6F87秒4だから、ゆったり流した意図は明白でラストは馬なりで11秒3にまとめた。

 武幸師は「桜花賞の後も特別、問題はなかった。オークスから逆算してやってきたので、今日の動きは息を整える程度でどうのこうのはない」と平然。1週前追い切りは武豊が騎乗しており「精神面で穏やかになっているのは(兄に)つかんでもらっている」とプラス要素を強調した。

続きを表示

「札幌記念」特集記事

「北九州記念」特集記事

2022年5月19日のニュース