×

【平安S】追ってひと言

[ 2022年5月19日 05:30 ]

 ▼オーヴェルニュ(梅内助手)今日はサラッと反応を確かめる程度。良かったですよ。前走(アンタレスS8着)は休み明けの分、口向きの難しさがあったけど中京は得意なので。

 ▼カデナ(中竹師)8歳だが元気で馬体にも張りがある。ダートでもしっかり伸びてくるし、展開の助けがあれば。

 ▼グレートタイム(荻野助手)追い切りはいい動き。今回の距離も歓迎。

 ▼ケイアイパープル(藤岡康)先週の段階でできているので、今日はしまいの反応を確認するだけ。

 ▼サンダーブリッツ(久保田師)短期放牧を挟んだが戻ってからも順調。前走は勝ちにいく競馬で勝ち切ったのは収穫。あとは距離がどう出るか。

 ▼サンライズホープ(山下助手)だいぶ良くなってきた。馬体にも実が入ってきた感じ。前走のフェブラリーSは芝スタートで進んでいかなかったが、実績ある中京は条件がいい。

 ▼スマッシングハーツ(新谷師)追い切りはしまいまで反応良くしっかりと動けていた。前走は休み明けだったので、使った今回の方が状態はいい。

 ▼スワーヴアラミス(須貝師)7歳なので特に変わることなく今回も順調。中京は重賞(東海S)を勝っているコースなので。

 ▼ダノンファラオ(岡助手)帰厩当初は動きが重かったけど、ようやく動けるようになってきた。

 ▼ダンツキャッスル(谷師)本来は叩いて、叩いて…のタイプだが、休み明けの前回をひと叩きしただけ良くなっている。

 ▼デルマルーヴル(斉藤助手)いつもの調教パターンで動きも良かった。前走は早めに気合をつけたら伸びる構えを見せた。あの競馬が刺激になれば。

 ▼ヒストリーメイカー(新谷師)8歳だけど体調は安定。自分の競馬に徹するのがベスト。

 ▼ブルベアイリーデ(杉山晴師)追い切りは上がりをサッと。中京千九は昨年のシリウスS(3着)と同じ舞台。当時より状態良く、1キロ軽いのもプラス。

 ▼ペルセウスシチー(池上師)ここを目標に仕上げて体調はいい。相手は強くなるが相性の良さに期待。

 ▼メイショウハリオ(岡田師)時計も動きも良かった。前走(マーチS1着)は中山への輸送で馬体が減ったので、その意味でも今回の方がいい。

続きを表示

「CBC賞」特集記事

「ラジオNIKKEI賞」特集記事

2022年5月19日のニュース