×

【オークス】ニシノラブウインク 鋭い伸び披露、小手川師「馬体締まってきた」

[ 2022年5月19日 05:30 ]

3頭併せでで追い切るニシノラブウインク(右端)(撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 ニシノラブウインクは高野(レースは三浦)が乗ってWコースで3頭併せ。7馬身間隔でシャコンヌ(2歳新馬)、ワルツフォーデビー(5歳1勝クラス)を先行させスタート。直線では真ん中に入り、内ワルツに2馬身先着した。

 ラスト1F11秒3と力強い伸びを披露。小手川師は「前を見ながらの指示。馬体が締まってきたし課題を一つずつクリア。これならオークスへ行ってもいいかなと思いました」と期待をかけた。

続きを表示

「小倉記念」特集記事

「関屋記念」特集記事

2022年5月19日のニュース