【天皇賞・秋】ダノンキングリー 典型的な鉄砲駆けタイプ「休養前と比べても変わりない」

[ 2020年10月26日 05:30 ]

 G1初制覇を狙うダノンキングリーは安田記念(7着)以来の実戦。萩原師は「休み明けの方がパフォーマンスがいいので、ぶっつけでの出走を決めた」と意図を説明した。中10週以上空けて臨んだレースは3戦3勝。典型的な鉄砲駆けタイプだ。「追い切りの動きが良かったし馬体重を含め、休養前と比べても変わりなく来ている」と状態面にも不安はなさそうだ。

続きを表示

「2020 ジャパンC」特集記事

「京阪杯」特集記事

2020年10月26日のニュース