【菊花賞】サトノフラッグ3着 戸崎は感心「最後に切れ見せた」

[ 2020年10月26日 05:30 ]

<菊花賞>3着に終わり引き揚げるサトノフラッグ(撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 関東馬の、勝ち馬と同じディープインパクト産駒の意地を見せた。5番人気サトノフラッグは4角14番手から猛追。ラストでしっかり伸び、ディープボンドをかわして際どい3着争いで先着した。戸崎は「距離はどうかと思ったが道中リズム良く走れた。狭いところも割って最後は切れを見せた」と感心。秋華賞のマジックキャッスル(2着)に続き、3冠馬誕生の陰で好プレーの国枝師は「しまいに来てくれたのは良かった。ここを使ってさらに良くなると思う」と表情を緩ませた。 レース結果

続きを表示

「森且行」特集記事

「根岸S」特集記事

2020年10月26日のニュース